FC2ブログ
“ドリアン” がイオンで買えちゃう時代
041719_01.jpg

近所のイオンに買い出しにいくと・・・

041719_02.jpg

なっ なんと あの あの! ドリアンが売っているではありませんか!
デパートの売り場ではなく イオンにですYO
タイで買えばひと玉100-150バーツ程度 (500円ぐらい)
日本のスーパーにならぶと 税込4300円に早変わり 8倍ですか

それでも食べたい  好きな人にはこれしかないドリアン
2000円に値下げされている札を見て即買い

041719_03.jpg

食べたくても 解体せねば食べられない
数か月ぶりに包丁を持ち 柔らかそうなところに刃をいれていく
眠気も 疲労も 硬い皮も 痛い棘も 苦手な包丁も 初解体のわずらわしさも
ドリアン食べたい執念は何事にも勝る

041719_04.jpg

1時間半かけて 5つの房をとりだす ← ひとつは解体中に喰らっちゃいました
まぎれもなく あのタイで食べた味 感激 ヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ

臭気対策として 皮は即 外へ
房にはそれぞれラップの3重巻 その上からホイル
さらに格納するコンテナにもラップ その上から蓋

数日間 この味を食べられるなんて とっても幸せ
こんなトキメキ 何か月ぶりだろう
スポンサーサイト



【2019/04/17 23:41】 | 食べてみたもの | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<薔薇づくし フルコースランチ | ホーム | 変わり果てたノートルダム大聖堂>>
コメント
兵庫県内のイオンでもドリアン売っていました。
ドリアンと言えば・・・、私は東名アジアの某国に仕事で住んでいたので食べたことがあったのですが、嫁さんにも食べさせたくで、今年2月にカンボジアに行ったときに路上で売っていたドリアンを買いました。小ぶりなものでも二人では食べきれないので、ドリアンを物色していた欧州人らしい女性にシェアしないかと話しかけたところ7US$は高いと言って乗ってきませんでした。仕方なく一人で買い、嫁さんに食べさせましたが、もともと刺身とかコンニャクのようなぬるっとした食感が苦手な嫁さんはやはりドリアンはダメでした。私一人では食べきれず一部捨ててしまったというゴメンナサイなことをしました。カンボジア(シェムリアップ)は特にうまいもんはなかったです。
【2019/04/28 23:34】 URL | 兵庫県在住の一読者 #-[ 編集] | page top↑
長らくお待たせいたしましたm(_ _)m
コメントありがとうございます

ドリアンは好き嫌いがはっきりわかれますね
好きな人にはたまらないし 嫌いな人は一切うけつけない不思議な果物。
私も昔はダメでしたが 何度か口にしているうちに大好きになりました こいつを食べるには経験がいるようです。
臭いの少ない品種が改良されていて 食べやすくなったとは思います。
ところで カンボジアは2008年にひとり旅をしましたがご飯に困った記憶がありません
ただおいしいものがあったかというと ・・・ こちらも記憶にありません(左にある私のHPリンクから当時のレポートに飛べます)
カンボジアのほとんどの食べ物が近隣からの輸入品なので新鮮度が悪かったのかもしれませんね
【2019/05/02 11:31】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
シェムリアップにも行かれていましたか。
シェムリアップのツクツクのドライバーたちはいったん捕まえた客は絶対離さない意気込みで、次はどこ?明日は?としつこく聞いてきます。そのくせ、行きたいレストランの場所を知らず、私がそこを右とか左とか教えてあげるときもありました。が、みんな気のいい方ばかりでした。
娘はこの3月、バックパックが趣味の職場の先輩(女性)から「首長族に会いに行かないか」と誘われミャンマーに行ってきました。現地の子供と触れ合うために折り紙とか持って行っていました。ほとんど眠れないであろう現地での夜行バスでの移動時の体力温存のために、海外旅行だというのに昼間に寝るというもったいなくて私にはできないような旅だったようです。
あと少しになったGW、楽しんでください。
【2019/05/03 22:39】 URL | 兵庫県在住の一読者 #-[ 編集] | page top↑
ありがとうございます!

ミャンマーいいですね
ミャンマーは機会にめぐまれずいけてないです

突然 5日から予定されていた出張がキャンセルになったので GW 最後の3日間は休めました^^
今週には日記をあげられるはず
【2019/05/14 22:24】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dokuhakinagoyanikki.blog110.fc2.com/tb.php/3869-8b9b09d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |