FC2ブログ
わたしはこれで・・・
kaisya_yameru.jpg

わたしはコレで会社をやめました!
わたしは コレ でテニスをやめました!

スポーツのちょっとした事故に
自動車の追突事故を例に持ちこむような人種と一緒にスポーツ!?
えぇ 確かにラケットをあてたわたしが過失100%ですYO
治療費を請求されたので “損害賠償” の手続きもしました

でも・ スポーツでしょ?
ケガはお互いさまでしょ?
ボールを拾ってて 流れ弾が当たってつき指やら
後ろからボールが頭に直撃やらなんて普通だし
隣から転がってきたボールにのって足首捻挫なんて茶飯事
1-2日痛かろうと いちいち病院なんぞいかないし 被害者面もしない

だって スポーツだもん・・・。

なんかイヤになったのでしばらく別のスポーツをすることにします ε=(。・ω・)_旦~~
スポンサーサイト



【2013/05/15 22:33】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
やらかしました orz
現在 グリップの握り方矯正中
意識していないと小指がすぐにグリップの外に・・・。
にぎりがあつい時はグリップテープのギャップが
小指か薬指にひっかかるので あまりすっぽぬけることはない

が・ スライスやボレーを打つとき
にぎりを薄く持ちかえるので 少し上をもたないとインパクトで小指に衝撃
練習中 瞬間的に手をはなすこともしばしば

スライスにパワーをつけるため テイクバックを大きくする練習
バックはひじをしっかりまげ 左耳のところまでもってくる
ひじを前にのばしたところで止めて
左肩を後ろにひっぱった反動で 手首をかえして前にフォロースルー
今までは左肩ぐらいだったのを 耳まであげてラケットスピードをあげる

ラケットの振り方を教わったところで第1球
ラケットを止めようとしたところで小指に衝撃
“痛っ” と手をぱっとはなしたら “ばち~んっっ” という大きな音 (゚O゚;!
地面にラケットが落ちた音かと思いきや・・・

すっとんでいったラケットが隣で練習していた♀の 左肩を直撃 (゚∇゚ ;)!!?

力をいれずに軽くふることでラケットスピードをあげる管理人
さらに いつもより長い距離をふっているので フルスイングに近い
それを離したんだからけっこうな速度で飛んでいったことになる
ラケットを握ってさえいれば 前に飛んでいくはずなのだが
小指がかかっていなかったので ラケットを止めることができず
中途半端に力がかかったラケットはあらぬ方向に飛んでいっちまいました orz

真っ赤に腫れる左肩 申し訳ございませんでした m(_ _)m
顔や目にあたらなかったのが 不幸中の幸い
こういうこともあるので みなさまテニス保険には加入しておきましょう
年間1000円ぐらいで 他人&自分のケガ・施設/ラケットの破損にも対応してるはず
【2013/04/05 22:00】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変形グリップテープ
IMGP4982.jpg

小指をグリップエンドにかけるせいで
テニスひじとは無縁なプレイとひきかえに
グリップテープの消耗があまりに激しすぎる管理人

エンドに凸凹のひっかかりがないと
サーブを打っても ストロークをしてもラケットがすっぽぬけるため
これだけは絶対にはずせない

かといって 上の方に凸凹があると 持ち替えで親指がすりきれる
さらにバックハンドで握りがきまりにくく 凸凹にイライラ ヽ(`д´;)/

その両方を解消するウルトラC
スポンジを必要な分だけ切って 通常のウエットテープに巻き込む方法
もちろん自分でやるのはや~と 手にあわせて巻いてもらいました~☆

コーチ “ボレーの時だけはもう少し上を持つように意識してね” ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ
【2013/02/20 23:19】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はねないぼ~る
ball_noop.jpg

長年お世話になっている球おいかけスクールのコート
屋内とはいえ 屋根に薄いシートがかけられただけのテント式
風は吹き込まないとはいえ 冬の夜の室温は外気温並 (((=_=)))ブルブルッ

ボール寿命はどんなにがんばっても1ヶ月強
でも 経費節減で2ヶ月は替えてもらえなひ
奇数月初めに総交換になるので いつも偶数月の終わりは
空気のはりはなく フエルトもはげ みるも無残なけばけばさん

しかも!保管はコート内に放置ぷれい
夏はともかく氷点下になる冬も 置き場もないしぃ (○´ω`○)ゞ で
ゴムはかっちかち ボールの劣化が加速 (乂'Д`ダメ)

ボールの飛びは20℃の気温差で5~6mかわる
新品ボールでさえ気温の変化にこれだけ大きく影響されるのに
“弾まない設計” されたボールでプレイすれば 結果は一目瞭然
感覚的にバウンド力は秋の3/5ぐらい 球が地面から上がってきませぬ

さらに!ガット
コストパフォーマンスの良さからずっと愛用している太めナチュラルガット - 高級品
『意地でも1年もたせる』 ぐらい気合いがはいったけちりっぷり
まぁ 半年~1年もたつとさすがに切れまつ orz
が・ 前回は張りたて2回で横糸が切れ大ぶ~いんぐ ヾ(`ε´)ノ ぶぅぶぅ
管 “いつも切れないのになんですぐ切れるんぢゃ” コ “しょ~がないなぁ・・・”
縦糸をそのまま残し 横糸を試供品なちゅらるガットではりかえてもらって3ヶ月
縦糸が緩みまくり スピン ドライブ かからぁぁぁぁん
そのかわり球を捕まえにいくライジング戦法はとっても有効

環境に応じてスイングを変えなさい
できないのなら道具のセッティングを変えなさい
そんな器用なことができれば とっくにプロの世界へいってまつ orz

今年も残りあと4日 ,,,,,((((*゚▽゚)o旦~~
【2012/12/27 23:15】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
氷点下のテニス納め
外気温0℃の中
無事 2012年ボールおいかけ 納めました~☆

来年もまったり続けられますように
【2012/12/26 23:21】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近の球おいかけ
めったに球おいかけネタを日記に書かないのでたまには・
細々ながらも 体力維持・体幹筋力づくりにちゃんと続けております

tennis.jpg tennis.jpg tennis.jpg tennis.jpg  最近のテーマ  tennis.jpg tennis.jpg tennis.jpg tennis.jpg

ストローク: ボールを自分からつかまえにいく 前へ押してボールを走らせる
ヘッドスピードをあげただけのただ速い球ではなく 重たい球を打つ

ひとことで 『ボールをつかまえにいく』 といっても注意しなくてはいけないことがいっぱい
1 ボールとの距離感 2 ムチのイメージ 3 ボールがラケットにのっていることへの意識
ボールとラケットのインパクトを 『点』 ではなく 『面』 にする

ラケットでボールを押しだす距離を長くするため
体とボールとの距離を少し多めにとっていかないと 体がどんづまってきれいに体重がのらない
押している球と押せていない球では明らかに相手コートでの “のび” が違う
ストレート抜き センター抜きには絶対必要な技
ある程度 体との距離のあるボールについては大体完成形に近づきつつあるものの
相手におしこまれて対処がきついボールはまだまだ練習中 o(`・ω・´)○

ボレー: 6のステップ
『1 両足ステップ&判断 2 打つ側の足だす (フォアなら右)
3 反対の足を打つ方向へだしながら返球 4 足の入替 5 前の足を戻す 6 両足ステップ』

1回ボレーをするごとに必要なのが 『6のステップ』
球速があがってきたため 自動的に返球の速度があがり足がとまると対処できない
戻りを早くするためのステップの習得 リズムを体にたたきこむ
夢の中でも いちにっさ~ん しごろく♪ が脳内りぴ~と タンタ・ターン・タタ・タッ
続きを読む
【2012/11/07 23:41】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
記念日
kaeru_tennis.jpg

♂コーチから文句なしのサービスエースをとった記念すべき日

ミスではなく  エース♪

ノータッチとまではいかなかったけど
ケロたんトレーニングがじわじわと効果をあげてきた模様

めざせ お蘭 っっ  断じて管理人世代ぢゃないゾ
【2012/06/22 23:34】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
球おいかけで大事なこと
court.jpg

本日 遅ればせながら2012年初球おいかけ
激しい転倒や筋肉痛で思うようなペースで球おいかけができなかった昨年後半~年明け
新たな年は なまけ心に喝をいれてがんばることにする

球追いかけでなにをおいても大切なこと - 目
目がどれだけ動くか+瞬発判断力で 思うような返球ができるかの大半がきまるそうな
よくコートで 『準備 (テイクバック) が遅いっ』 というコーチの怒号が飛ぶが
んぢゃ どこでテイクバックすればいいのさ?
答えは 『ボールが相手コートにある内にテイクバック完了』
距離が近いボレーは 『遅くともネットの上をボールが通過するまでにセット完了』

経験者であればわかると思うが
ボールが相手コートにある状態での判断ってことは
ものすごい集中力と目の動きを必要とする
通常のストロークで自分のコートから相手コートまで20m 時速72Kで1秒
自分が打って相手コートにボールが着地するのに1.5~2秒
ラケットからボールを打ち出して2.3秒で
バックかフォアかを判断 ポジションにつき ラケットを後ろでセットしなくてはならない
ボールの速度があがればあがるほど セットまでの時間が短くなる

判断ができなければテイクバックの準備にはいれないわけで
この判断力を高めるために必要なのが 『目』
視力そのものではなく 瞬間視+動体視力と呼ばれるもの
前半期のテーマは目の強化@日々の簡単トレーニング モトクロスにも役にたつな♪

*サーブ: ふりこの要領で 腕の円運動の軌道で自然に打つ練習
ボールを取る位置は円の軌道と右足にそってまっすぐのばした線と交わったところ
トスをこの点を通るようにあげて ラケットに軌道をなぞらせるだけで
肩もいためず 力みのない超高確率INのサーブが打てる
これだけぢゃ リターンエースの可能性大なので あくまで基本練習向でつ
【2012/01/11 22:32】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天下はジョコビッチに
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ・・・

第2シードのジョコビッチさん
フルネームが覚えられず いつも名前はビッチさん
対するは第1シードのナダル
2002年のヒューイットが獲得したタイトル以来
天下はフェデラーとナダルに
テクニックのフェデラー パワーのナダル
ランキングの1位 2位は常にこの二人が独占

が ついに ついに
ビッチさん優勝っ ランキング1位奪取
今年はフェデラーに1敗@全仏した以外
土のナダルをも降し 向かうとこ敵なし
今度はナダルとフェデラーから追われる立場になりました

でも やっぱり華はフェデラーにあるんだよなぁ うん  
【2011/07/04 22:31】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グリップテープ
P4162428.jpg

管理人のお気に入りグリップテープは
中にスポンジが一本はいっているウエットタイプ
指にフィットして滑り止めが効くため
手の力をほどんどいれないで打ちにいく管理人にはぴったり
テニスひじとは一切無縁なプレイスタイル

おすすめ巻替え頻度は1ヶ月に1回らしいが
週2-3回で 通常半年はもつ めんどくさいのでもたせる!?

が スピン・フラット・ドライブ・スライス・ライジング・トップスピン
フォアボレー・バックボレー・サーブ3種すべてで
イースタン~ウエスタンまで握りがすこしずつ変わる管理人
さらに最近仲間いりした スライススマッシュ サイドスピンバックボレー
無意識に持ち手を微調整をするので
打っている本人ですら 時々混乱する

“苦手な球をなくす” “球にあった打ち方をする”
同じ打ち方では打たせまいとする絶妙なコーチの配球
持ち替えにめっぽう弱い凸凹グリップは あっという間に消耗
半年もつはずなのに たった2週間でぼろぼろ
右手親指は凸凹にこすれて紫色 皮がすりむけてひりひり

でも こりずに次回用も凸凹を購入
写真後ろのコはコーチ母お手製グリップカバー @ 2000円♪ 超お気に入り
【2011/04/14 23:57】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の足音
夜でも気温が二桁に
暖かくなってきたおかげか 体が軽い♪ 軽い♪
半袖で汗だくになって 球をおいかけています
そろそろ 春・ かな・?
【2011/02/24 23:47】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親指の爪
P1142064_c.jpg

今年上半期の 目標は前後の動きをもっと取り入れる
トップスピンロブ+ドロップショット ドロップショット返し+ロブへのスマッシュ
ようは前後に振りまくり かつ対応を身につける
ドロップショットはコツさえつかめば決まる確率が高い
ただし中途半端でボールの勢いを殺しきれないと もろ刃の剣

そんなドロップショットを打たれても 返しきり
あがってくるロブに対してジャンプスマッシュできめる
ジャンプしながらのスマッシュは管理人の課題
飛びあがるタイミングとバランスが悪く 返すのがいっぱいいっぱい

ドロップショットを打ちまっくて ラケットのタッチ感を上達させつつ
体の軸&バランス強化が2011年前半の目標

で・ 激しい前後の動きに耐えきれず親指の爪がばっきり
全治1か月の重傷でつ >_<
【2011/01/12 22:42】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タメ
タメを体得する
軸をつくって 体のひねりをボールに伝える重要な基本練習

ただしこの練習
ものすご~くストレスがたまる
一定のところに球を出してもらえば そう難しくないのだが
球を追いかけて行って 確実にモーションを止めて 打ち抜く

かな~り難しい

打つ時って自然と微調整をするし 体のリズムを狂わされるから
自分が思っているラケットの位置とあたる瞬間の位置がずれる
高速の球は自然と体が反応するので 確実に停まって腰をおとすが
軸をまわすよりも体をコントロールして球を運ぶだけ

ではなく・ 中速の球に対して ねじった体の状態で完全静止
後ろからひねりをもどして 球に力をつたえる
股関節も肩も入れきるので 筋肉痛がはげしい

しかもあとからの調整を一切否定する練習なので 正確な予測がものをいう
ボールがコートにつく前に ポジションで準備する
スピン・スライス・ドライブ 球の回転まで考えて
どこでとったらいいのかを確実に予測しないと からっぷることになる
なかなかからぶらないけどな・ 無意識に調整するからな・

リズムを崩されたせいでばちんあたりが多くなりました orz
【2010/11/18 23:58】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボール追いかけ復帰!?
11月 霜の降りる月
“バイクやめたら~” という氷のように冷たい暴言に堪え
おとろえまくって重い筋肉をしばき
ぼちぼち復帰しました 球おいかけ

右足親指と足首にぐっと体重が乗る瞬間にドキドキ
意識していても自然と反動を利用するのか
前後の動きをともなう時はびりっと電気が走る
しばしリハビリが必要でありまふ

目がついていかない・・・。
【2010/11/01 22:23】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
復帰 できるかな?
ボール追いかけ 復帰!!?

してみたもののラケットが重い重い
でも動かさないと復帰が遅れるだけなので かの 蘆稀曾認 にてドーピング
虫歯から筋肉痛 骨折までなんでもござれの錠剤

ストレート角の球うちにはフォア&バックともに戻ってきたものの
クロス角になると ねじれが入ってくるせいか振り遅れる
思ったよりラケットが遅ひぃぃぃ

あれれれれ?
気長にリハビリテニスしまつ orz

の体調は復帰いたしました♪ 夏ばてだな
【2010/09/08 22:35】 | 黄色いボールとの戯れ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ